ボードの特長や形状で選ぶ

あなたに合ったスノーボードを選ぶ目安のひとつとして、各ボードの特徴と形状を簡単にまとめました。下記リンクから詳細ページへ移動します。

スノーボードの特長で選ぶ

キャンバー

キャンバー

キャンバー構造はパワフルなターンやポップ、正確性など、スノーボードの根本的な機能を持つ構造です。サスペンションのように作用するキャンバーで、雪山全体を切り裂くようにライディングしましょう。
キャンバーは、ボード全体にバランス良くウエイトを分散させ、スムーズなエッジコントロールを可能にします。

キャンバー


Flying V

Flying V

Flying Vは、ロッカーとキャンバー両方の長所を持ち合わせています。両足からそれぞれ外側に掛けて全体的なロッカー形状を持つことでロッカーならではの浮力とルーズさを持たせつつ、両足下のキャンバー形状とフロストバイトエッジ、EGD、The Channelの組み合わせが高いエッジコントロールとポップ、ターン時のパワーを生み出します。

Flying V


V-ロッカー

V-ロッカー

両足の間と、両足からノーズ、テールに掛けての部分にロッカー構造を採用したV-ロッカーは、エッジが引っ掛からないフィールと高い浮力を持ち合わせた、パークとパウダーを同じように楽しめる構造です。ルーズでスケートライクなライディングはもちろんのこと、フロストバイトエッジによる鋭いカービングもこなします。

V-ロッカー


S-ロッカー

S-ロッカー

フリーライドには欠かせない浮力とスピードを、S-ロッカーがお届けします。ノーズからバインディングまでをロッカー構造にし、バインディングと後ろ足の間を従来型のキャンバー構造にすることで、パウダーターンや深いパウダーランのときにノーズを浮かせ、かつ高い浮力、コントロール、スピード、操作性を生み出しています。

S-ロッカー


フラットトップ

フラットトップ

フラットトップなら、成長途中のライダーもプロライダーも満足できるでしょう。足と足の間のフラットな構造は安定感に優れ、バランスを取りやすく、連続したエッジコントロールを可能にします。足の外側寄りから早めにスタートするティップとテールのキックは、ロッカーのようにエッジの引っ掛かりがないルーズな感覚をもたらします。

フラットトップ


キャンバーハンプス

キャンバーハンプス

ロッカーのルーズで楽しい感覚をそのままに、キャンバーボードのような力強さも発揮します。左右の足の間と足から外側にかけてフルコンタクトゾーンを設けることによって、安定性と、足裏にサスペンション機能をもったようなポップ感を持ち合わせています。ノーズとテールにロッカーセクションを設けることで、エッジの引っ掛からないライディングにとパウダーでの浮力を実現します。

キャンバーハンプス


EZ V

EZ V

新構造のEZ Vでスキルを上げましょう。エッジの引っ掛かりがないルーズな感覚のロッカー構造と、エッジのコントロール性を高めるテイパードシェイプが、浮力と楽しさを増幅させ、どんな地形やコンディションでも楽に滑れるオールラウンド性能を発揮します。

EZ V

ボードシェイプ(形状)で選ぶ

ディレクショナルシェイプ

ディレクショナル

昔ながらのスノーボードシェイプ。ノーズが若干長めで、短めに設計されたテールには強い反発力を秘めています。高い浮力と、地形、雪質を問わないオールラウンドな適応力が持ち味です。


ツインシェイプ

ツイン

レギュラーでもスイッチでもまったく同じライドフィールを提供する、ノーズ、テールが同じ設計のシェイプです。フリースタイル向きの動作性とバランスの取れたシェイプによる安定性は、ジャンプやジブなどのフリースタイルライディングに適しています。


ツインライクシェイプ

ツインライク

パークボードが持つツインの構造とフィールに、幅広いライディングを可能にするディレクショナルシェイプの要素をわずかに加えたシェイプです。

このページの先頭へ